アベフトシモデルのテレキャスターカスタムを自作 その4

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT アベフトシの使用するテレキャスターカスタム4号機を自主製作したときの話、その4。

スポンサーリンク

ワイドレンジハムバッカーの取り付け

アルミテープを貼り終えたら、いよいよピックガードアッセンブリーの製作です。ピックアップやポットをピックガードに固定して配線していきます。

アッセンブリーパーツについては、こちらにも詳しく書いています。

参考:アベフトシのギターのスペックを考察してみた[テレキャスターカスタム][ミッシェルガンエレファント]

まずはピックガードにフロントピックアップであるFenderのワイドレンジハムバッカーを固定します。どうでもいいけど、ワイドレンジハムバッカーの線や表面には蝋っぽいものがすごい付いてました。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 ワイドレンジハムバッカー
アベフトシテレキャスターカスタム自作 fender wide range humbucker

ピックガードのPU穴は、横80mm×縦45mmで、ちょうどワイドレンジハムバッカーがハマる大きさでした。(当たり前か。)

とりあえずつけてPUの高さはまた後で調整します。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 ワイドレンジハムバッカー 取り付け
アベフトシテレキャスターカスタム自作 取り付け wide range hum fender

ポットとミニトグルスイッチの取り付け

次にポットです。ポットは国産24mm経ポットです。ボリューム2つが500KのBカーブ、トーンが500KのAカーブです。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 ポット
アベフトシテレキャスターカスタム自作 国産ポット

これらをピックガードに固定します。ナットは11mmのスパナで回せます。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 ポット取り付け
アベフトシテレキャスターカスタム自作 国産ポット 取り付け

次にミニトグルスイッチです。これはNKKスイッチズというメーカーの「M-2020L/B(ラージブッシング)」です。これはESPのミニトグルスイッチと同じものです。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 ミニトグルスイッチ

これのナットは14mmのスパナで回せます。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 ミニトグルスイッチ取り付け

パーツをつけると、ピックガードがだいぶ重くなります。

ブリッジにピックアップを固定

ブリッジはFenderのビンテージスタイルの6WAYサドルブリッジです。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 ブリッジとリアピックアップ 

リアピックアップは、Fenderのオリジナル ヴィンテージ テレキャスター ピックアップです。

ブリッジにピックアップを固定します。リアピックアップにはネジとバネがついていないので、別で用意する必要があります。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 オリジナルビンテージテレキャスター

テレキャスターカスタムの配線図

ここからはいよいよハンダ付けです。ハンダはケスターを使ってます。

テレキャスターカスタムの配線図って通常こんな感じです。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 Fender USA '72 Telecaster Custom 配線図

Fender USA ‘72 Telecaster Custom オリジナル配線図

しかしアベフトシテレカスモデルはトーンの位置にミニトグルスイッチのある2ボリューム1トーン仕様です。いろいろ調べまくって、このように配線することにしました。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 配線図

アベフトシ4号機配線図

ハンダ付け

まずはポットから、フロントとリアのボリュームポット2つに対して、ポットのアースを落とすため、ポット裏に1番端子をハンダ付けします。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 ポット ハンダ付け

つぎに配線です。配線材はクロスワイヤー(レプリカ)の22AWG 撚り線 7×30AWGを使用します。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 クロスワイヤー(レプリカ)の22AWG 撚り線 7×30AWG

まずは、フロントボリュームポットの2番端子とミニトグルスイッチをはんだ付けします。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 フロントボリュームポットの2番端子とミニトグルスイッチをはんだ付

次にリアボリュームポットの2番端子とミニトグルスイッチをはんだ付けします。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 リアボリュームポットの2番端子とミニトグルスイッチをはんだ付け

それからミニトグルスイッチの側面とリアボリュームポットの側面、そして、リアボリュームポットの裏、フロントボリュームポットの裏、マスタートーンの裏をアース線でつなぎます。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 ミニトグルスイッチの側面とリアボリュームポットの側面、そして、リアボリュームポットの裏、フロントボリュームポットの裏、マスタートーンの裏をアース線

ポットの裏面や側面はヤスリなどで磨いて細かな傷をつけてやるとハンダが載りやすくなります。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 ミニトグルスイッチの側面とリアボリュームポットの側面、そして、リアボリュームポットの裏、フロントボリュームポットの裏、マスタートーンの裏をアース線

次にコンデンサー(キャパシタ)ですが、今回はSprague社のCERA-MITE (0.022μF/100VDC)を使用します。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 Sprague社のCERA-MITE (0.022μF/100VDC)

アベフトシ4号機はただのセラミックコンデンサーです。松下工房の人に聞きました。足が長いのであらかじめ必要な長さに切っておいて、設置しやすりように足を曲げておきます。コンデンサーはマスタートーンの1番端子とポットの裏をつぐようにハンダ付けします。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 コンデンサー ハンダ付け

コンデンサーがハンダ付けできたら、次はマスタートーンの2番端子とミニトグルスイッチの真ん中2つをハンダ付けします。

アベフトシテレキャスターカスタム自作 マスタートーンの2番端子とミニトグルスイッチの真ん中2つをハンダ付け

とりあえずはここまで。ピックアップの線はまた今度。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました