パニック障害のままでもいい、変わらなくてもいい、と思えば楽になれる。

パニック障害を患っていると、できないことがたくさんあって、落ち込んだり、情けなくなったり、「このままじゃ駄目だ」と思うことがたくさんある。

でも本当に「このままじゃ駄目」なのか。

スポンサーリンク

「このままじゃ駄目」と思う理由

「このままじゃ駄目」の「このまま」という状態は、簡単に言えば、パニック障害でいること。

具体的に書くと、苦手なところがあったり、行けないところがあったり、一人で行けないところがあったりすること。

そして、もう少し深く書くと、生きる目的をまっとうしていないとか、自立していないとか、社会性や生産性がないとか、そんな感じ。

そんな自分は他人より劣っていると思うし、できない自分が情けないし、人に迷惑をかけていることが申し訳なくてたまらない。

こんな自分じゃな駄目だ。変わりたいと考えるは至極当然かもしれない。

本当は「このままでもいい」

でも本当に「このままじゃ駄目」なのか。

人間には、生きる目的を持っていなくても、社会に役立っていなくても、生産性がなくても、自立していなくてもいいというっていうのが生きる根底にある。

ホントかよ、と思うかもしれないが、そういう人はたくさんいる。周りを見れば一目瞭然。

例えば、老人とか生産性0でも生きている人はたくさんいる。

ニートや引きこもりの人たちは、目的がなくても生きている。

障害等があって一人では生活に支障のある人も、たくさんいる。

動物も生産性ないけど、生きてる。

そういう人たちもちゃんと生きてる。みんな楽しく暮らしている。

だからどんな風に生きてもいい。パニック障害であろうがなんだろうが別にいいのだ。

「このままじゃ駄目」というのは間違い。「このままでもいい」のだ。

それが生きる根底にはある。それが絶対であり、それに勝るものはない。揺るがない。

とは言ったものの

でも、そんなこと言ったって僕たちは社会の中で暮らしいているわけで、「このままでもいい」なんて言われても「はい、そうですか」とはならない。

社会的には「社会人はこうあるべきだ」と突きつけられ、判断し評価されるのだから、「このままじゃ駄目だ」と思うのは当たり前じゃない?となる。

まぁ、たしかに。言われてみればそうだよね。

でも「このままでいい」という生きる根底あっての社会性だから。

どっちが優先かとと言ったら、社会性よりも生きる根底の方。

目的意識は辛い

行けないより、行けたほうが確かにいいよ。

できないことができるようになったほうがいいよね。

でも「このままじゃ駄目だ」と思って行動療法とかやるのと、「このままでもいい」と思ってやるのだと正反対の結果になる。

「このままじゃ駄目だ」と思ってやると目的意識になってしまうから駄目。

目的的意識でやると苦しみと恐怖しかない。

ひとは苦しいことには取り組みたくない。目的のためだけに頑張る人生は辛い。一生できない。

目的意識に囚われるくらいの、恐怖と苦しみの取り組みの人生に比べれば、「このまま」な人生のほうが遥かにマシ。

できないことたくさんでも、社会性なくても、そのまま人生終えたって別にいいのだ。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました