ジョジョに出るくるツェペリさんの名言ってパニック障害のこと言ってる!?

ジョジョの奇妙な冒険 ジョナサン・ジョースター

最近「ジョジョの奇妙な冒険」を久しぶりに読み直しています。

第1部から読んでるけど、最初のほうはあんまり面白くないです(笑)

漫画を読んでいて、「なるほどなー、これはパニック障害にも当てはまるなー」と共感した箇所があったので紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ツェペリさん

ツェペリさんは、第1部の主人公であるジョナサン・ジョースターに波紋を教え、ディオを倒す旅に一緒にしているおじさんです。

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ツェペリ

ジョジョの第1部は波紋で敵と闘います。波紋には呼吸が大事なんです。

そんな中、単行本第3巻でツェペリが名言を吐きます。

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ツェペリ 名言 勇気とは

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ツェペリ 名言 恐怖を支配

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ツェペリ 名言 人間讃歌

「勇気」とは「怖さ」を知ることッ!
「恐怖」を我が物とすることじゃあッ!

呼吸をみだすのは「恐怖」!
だが「恐怖」を支配した時!
呼吸は規則正しくみだれないッ!
波紋法の呼吸は「勇気」の産物!!

人間讃歌は「勇気」の讃歌ッ!!
人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!
いくら強くてもこいつら屍生人(ゾンビ)は「勇気」を知らん!

パニック障害との関連性

パニック障害でも呼吸は大切です。呼吸が浅すぎても深すぎても体に不調が出てしまうし、呼吸の乱れによって恐怖や不安を感じる方も多いと思います。

そして、パニック障害を治すために行動療法を行うと思います。森田療法で言えば恐怖突入ですね。

恐怖突入する時、とても勇気が入ります。恐怖を感じたまま突入するわけですから。

恐怖には恐怖①と恐怖②があることをこの記事でも書いていますが、このようにパニック障害による恐怖を正しく知っていると、恐怖(正確には恐怖②)は大きくなりません。

ツェペリさんが言う「恐怖を我が物とする」、「恐怖を支配する」は恐怖を正しく認識するという意味だと思います。

パニック障害による恐怖を正しく認識すれば、恐怖突入最中でも比較的慌てず落ち着いていられるので、呼吸を安定させることができると思います。

逆に、パニック障害による恐怖を正しく認識していないと、症状が現れる(呼吸が乱れる)のは当たり前です。

恐怖を正しく認識しないで、恐怖突入するのは「勇気」ではなく「無謀」と言えるでしょう。

まとめ

(パニック障害の)怖さを知れば、(恐怖突入の)勇気が出るし、呼吸も落ち着きます。まさに呼吸は勇気の産物。

ツェペリさんの名言は深いねー。安らかにお眠りください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る