[パニック障害]認知行動療法でまた電車に乗った

c0061_1024x768

今日も電車に乗ってみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

6駅目までは順調

今日は彼女と乗りました。昨日行った6駅目までは一度も降りず行けました。6駅目で降りて30分ほどそこにいました。駅にいても不安はあまりありませんでしたが、次の7駅目に行くのはためらいがありました。

それでも行ってみなければどうなるかはわかりません。行くしかないのです。6駅目まで来れて不安もなく、昨日よりも余裕がでてきたねーと思うのもいいですが、やっぱり怖くてももう1駅は行きたい、そう思って電車に乗りました。

7駅目で思ったこと

電車に乗ってみるとそれほど不安はなく、もう1駅行けそうかなと思えるほどでした。それでも目標駅で降りました。トイレに行きながら、僕は不安になることを不安がっているんだなーと思いました。別にどこにいるからとか誰といるからとかではなく、不安になることを恐れてるがあまり、自分で不安を起こしたり、それによって勇気を削いでしまったりしているんじゃないかと思ったのです。

もしかしたら不安は起きないかもしれません。もし起きたとしても小さな不安かもしれないし、ちょっとだけの不安かもしれません。それないのに、不安が起きたらどうしよう、不安が起きたらああしてこうして、とそんなことを考えていたら、不安になるのは当たり前かもしれません。

不安をどうすれば良いか?

不安になることに不安がらないようにするには、不安のことを考えないようにするといいんでしょうが、それが難しいですね。気を紛らわすことが良いのでしょうか?どうやって気を紛らわすのがいのでしょうか?

僕は、不安があることは意識したりごまかしたりせず、不安を大きくしないことが大事だと思います。「不安になること」はいいけど、「不安になることを不安がること」は不安を無駄に大きくしてしまうような気がします。不安があるなー、でもそのままにしとこう、と思えればいいんですけどね。まだまだ難しいので、とりあえずは気を紛らわすことにしときます。同行者がいると、自分が不安のことを考えてしまっても、話をずらしてくれて、不安のことを考えなくてもすむことがありますので、今日もとても助かりました。

結局

結局7駅目で降りてから、少しソワソワしてしまって、余裕はありませんでした。駅から離れることもできず、早く戻りたいと思ってしまいました。それでもそこに30分ほどいることができました。次行くときはもっと余裕になっていると思います。行けてよかったー。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る