ほんの小さな一歩だけど、インターネットで人と繋がってロゴを書いてもらった

ブログを運営するようになってから、それからTwitterをやるようになってから、人様のブログを見るようになりました。

Twitterを見ているのと、先人ブロガーが良記事をいろいろ紹介しててとても参考になります。特にブログ運営全般(SEOのことや、マネタイズのこと、それからブログ飯のこと)とか、とても勉強になります。有名ブログを運営している方の記事はとても勉強になります。

そんな中、ひとつの記事を見ました。

シブタク氏といえば、「ぴよたそ」でゆるいイラストを描いている方です。僕のブログでも「ぴよたそで学ぼう!日本一汚い方言「瀬戸弁」」というネタで、ぴよたそのイラストをこれでもかと使わせてもらっています(勝手にね)。

そんな方が無料でアイコンやTwitterのヘッダーを書いているそうです。僕はイラストを書いてらっしゃるのは知っていましたが、書道もやっていたとは!それもめちゃくちゃかっこいい!僕も書を書いてもらいたい!!と思いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

僕みたいなもんに書いてくれんの?

でもこんな見ず知らずの僕に書いてもらえるものなのでしょうか?

書いて貰えている方たちは、もともとの知り合いなのかもしれません。僕はといえば、ぴよたそのイラストを使わせてもらっているだけの身分で、シブタク氏とは何の関係性もありません。

僕は悩みました。依頼してもいいものなのか…?と。
よく気軽にどうぞ的なこと書いてあるけど、ほんとに気軽すぎちゃって、は?お前誰よ?的な反応されるオチなのか?と。
書いてほしい、でも言い出せないこの気持ち…。仕事中ずっと悩んでいました。

僕に勇気をくれた記事

でもこの記事を読んで、勇気が出ました。

僕は別にオフラインでコミュニケーションが苦手というわけではないけど、オンラインではどのように人と接したらいいかわかりませんでした。その人の顔も年齢も性別もひととなりもわからないのが怖くて、僕みたいなSNS初心者はガクブルでした。

ブログをやりはじめて、SNSをやりはじめたけど、どのように人と繋がればいいかわかりませんでした。いまだにTwitterやFacebook、Google+の上手な使い方がわかりません。

それでも、インターネットで人と繋がれば可能性が広がる時代なのに大抵の人はやらなくて、それがもったいないらしいのです。

僕は天邪鬼な性格なので、大抵の人がやらないのならやってみたいし、もったいないのならなおさらやってみたいと思いました。つまり、俄然インターネットで人と繋がってみたいと思い、その初陣として思い切って頼んでみることにしました。

かっこいいロゴいただきました

依頼のツイートをした時は、女の子を誘うメールをするくらい緊張しました。
そしたら快い返事が返ってきました。

そして先日いただいた書がこちら。
ブログえむ氏のロゴをシブタク氏に書いてもらった
まじかっこいい!!床の間に飾りたいくらいかっこいい!

才能のある人はほんとうにうらやましいと思います。芸術的センスのある方は尊敬します。僕は美術2でしたから。僕はアイデアは出るほうだけど、センスはないのです。

まとめ

ほんと勇気をだして声をかけてみるべきなのかもしれません。自分に置き換えて考えてみれば、自分を頼られたら嫌な気持ちはしないだろうなと思いますし。
ネットで自分の何かしらをさらけ出している方たちは、声をかけられることを何とも思わないし、むしろレスポンスをほしがっているのかもしれません。悪く言えば、かまってちゃんなのかもしれません。

さっそくこの書をブログやTwitterやらで使いたいと思います。シブタク様ほんとありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

ほんの小さな一歩だけど、インターネットで人と繋がってロゴを書いてもらった
この記事をお届けした
えむ氏のログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

トップへ戻る