WordPressの「Gutenberg」エディタ、「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」を解決。

前回の記事のとおり、Wordpressを5.2にアップデートしたら投稿画面が変わりました。

どうやらWordPressのバージョン5.0以上になるとこの投稿画面になるようです。
この投稿画面(エディターというらしいが)、「Gutenberg」という名前がついています。

「これからこのエディターを使うのかー、慣れないとなー」って思っていざ使ってみたが、全然慣れない。

というか全然使えない。

使うとすぐにエラーっぽいのが出る。

このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」がめちゃくちゃ出る。

WordPressの「Gutenberg」エディタ、「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」

リンクを貼ろうとするとすぐこれが出て、記事が全く書けない。

慣れる慣れないどころの話ではないのだ。

スポンサーリンク

「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」のエラー

このエラー、調べてみると、どうやらよく起きるエラーらしい。

これを解決するのが、「JavaScript 連結の無効化」というもの。
何かはよくわからんが、やってみる。

「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」のエラーがでる | WordPress.org

「JavaScript 連結の無効化」

JavaScript 連結の無効化には「wp-config.php」をいじる必要がある。

「wp-config.php」に「define(‘CONCATENATE_SCRIPTS’, false);」と書き込めば終了とのこと。

ロリポップ!にログインして、サーバーの管理・設定>ロリポップFTPから、ロリポップFTPを開く。

直下に「wp-config.php」があるのでクリックして見てみたら、書き込むことができなかった。

よく見たら、「このファイルの書き込み権限がありませんので、内容の変更はできません。」と書いてあった。なんだそれ。

ロリポップFTP wp-config.php 書込制限

でもこの問題もすぐ解決。

オーナーの書込にチェックをいれる。そうすると、現在の属性が「400」から「600」になって…

ロリポップFTP wp-config.php 書込制限解除

そのまま下まで行って保存をクリック。そうすると、書込が可能になる。

// 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。」の上に「define(‘CONCATENATE_SCRIPTS’, false);」を書き込んで保存。

wp-config.phpにdefine(‘CONCATENATE_SCRIPTS’, false);を書込。JavaScript 連結の無効化

念の為、またオーナーの書込のチェックを外して保存。

それでも直らないと思ったが

「JavaScript 連結の無効化」も済んでちゃんと記事書けるか確認した。でも直ってなかった。

「Internet Explore」(IE)でエディターを表示してみたら、問題なくできた。

ということはGoogle Chromeの問題?拡張機能が原因か…?

拡張機能を全部オフったけど、直らない。まじか。

しばらく考えて、キャッシュの削除してハードの再読込したら無事直った。

「JavaScript 連結の無効化」とただキャッシュの問題だったのか。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました