THE MANZAI2014日本一の漫才師は博多華丸・大吉!優勝おめでとう![感想]

THE MANZAI2014博多華丸・大吉優勝

先ほど録画してあった「THE MANZAI 2014」を見終わりましたので感想を書いときます。

THE MANZAI 2014公式サイト

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Aグループ

Aグループは「2丁拳銃」、「エレファントジョン」、「アキナ」、「磁石」。

「2丁拳銃」は「首ガッサー」のネタで面白かったけど、トップバッターということでどうしても跳ねきれなかった感じがする。違う順番ならもっと盛りあがったかも。

「エレファントジョン」は一人が話を進めるのにチャチャ入れるタイプの漫才で、「とうとう」がトイレの「TOTO」とかけていたところを何回かやっていて面白かった。もう1ネタ見たいと思った。漫才トリオ「鬼ヶ島」の人と昔「アメデオ」というコンビでやっていたときから、まあまあ面白いと思っていたから、少し日の目を見たからよかったかな。

「アキナ」はそんなに面白くなかった。ツッコミが「○○な言葉」と言ってそれにボケる、の繰り返しで単調だったし、そんな跳ねた気もしなかった。

「磁石」は前に出たTHE MANZAIとそんなに変わらないネタ。インパクトも華もないので売れるのは難しいと思った。

Bグループ

Bグループは「トレンディエンジェル」、「馬鹿よ貴方は」、「囲碁将棋」、「学天即」。

「トレンディエンジェル」は面白かった。もう1ネタ見たいと思った。斉藤さん面白い。

「馬鹿よ貴方は」はゆっくりとして自分の世界に引きずり込むような漫才だけど、そこまで引きずり込まれなった。ツッコミがいい加減な感じが「オフィス北野」っぽいなと思った(東京ダイナマイトとか)。

「囲碁将棋」はいつかのTHE MANZAIを見たときに面白いと思ったから期待していたけど、今回はそんな面白くなかった。「肛門」ネタだったから大爆笑はしづらいし、あのネタでは決勝にいけないよな。

「学天即」もいつかのTHE MANZAIを見たときに面白いと思ったから期待していたけど、ちょっとハマらなかった。

Cグループ

Cグループは「和牛」、「博多華丸・大吉」、「ダイアン」、「三拍子」。

「和牛」は「頑張っていきましょう」のネタ。あのネタは1回見たことあったけど、よくできているネタだなと思った。もう1ネタ見たいと思った。どういうネタやるのかな、こういう系のネタがもっとあるのかなと。

「博多華丸・大吉」はよくバラエティで見るけど、ネタはほとんど見たことなかった。華丸の演技?がなんか笑える。とても面白かったけど、もう1ネタ見たいと強く熱望する感じにはならなかった。

「ダイアン」はそんなに好きなネタじゃなかった。「歯多い」とかは面白かったけど、もう1カブセか2カブセ笑いがかぶせれば、もっと盛り上がったのに、「ダイアン」もハマらないと爆発しないタイプかな。

「三拍子」はワイルドカードということで勢いがすごかった。昔「オンエアバトル」とか見てるころから面白いと思ってたけど、テレビ的じゃないというかタレント性がない感じがするし、事務所がサンミュージックだから売れる想像ができない。決勝に行ってほしかった。

決勝

決勝は「アキナ」、「トレンディエンジェル」、「博多華丸・大吉」。

「アキナ」は一回戦とまったく同じようなネタ。僕はあまり好きじゃなかった。

「トレンディエンジェル」には優勝してもらいたかったけど、1回戦ほどハネなかった。

「博多華丸・大吉」はやっぱりうまかった。場数がものを言うのかな。いつか見たTHE MANZAIではそこまでハネてなかったけど、今回の2ネタはとても面白かった。

まとめ

あくまでも個人的感想なのであしからず。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

THE MANZAI2014日本一の漫才師は博多華丸・大吉!優勝おめでとう![感想]
この記事をお届けした
えむ氏のログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る