Tab譜作曲ソフト「TuxGuitar」はギターの練習にも使えるよ[無料]

TuxGuitar1.2

エレキギターではHi-STANDARDとKen Yokoyamaのコピーしか弾いていません、えむ氏(@mlog_xyz)です。

僕が家でどんなふうにギターを弾いているかというと、ギターを「ZOOM G2Nu」というマルチエフェクターに繋いで、それをパソコンと繋いで、iTunesで音源をかけながら、その音源に合わせてギターを弾く、という方法です。音はイヤホンで聞いています。

「ZOOM G2Nu」で音作りをしておいて、スコアブックやTAB譜を見て何回も練習して覚えておいて、iTunesとギターの音を均一にして弾けば、弾いててめちゃ楽しくなってきます。

でもこれだと、例え自分が上手く弾けていなくても元音源のギター音のおかげでのであまり違和感を感じないので、弾けてる気になってしまうという難点があります。自分の下手さが浮き彫りにならないのです。

でも音源に合わせないと弾いてても楽しくないし、「ZOOM G2Nu」内蔵のドラムマシンが一定のリズムだけ刻んでくれても面白くない。

音源に合わせるような楽しさを持ち合わせ、かつ自分のギター音がチェックできる方法は無いかなーとずっと探していたら、ありました。

それは「TuxGuitarにベースとドラムだけ弾いてもらう」という方法です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

TuxGuitarとは

TuxGuitarはタブ譜(TAB譜)&五線譜を使って作曲することができるフリーのソフトです。

ギターを弾いている人でも五線譜は読めないっていう人は多いと思います。でもタブ譜なら読めると思います。

このソフトはタブ譜を入力していく感じで作曲ができるので、ギタリストには打ってつけのソフトだと思います。

また、有名な作曲ソフト(でも有料)である「Guitar Pro」で作られたファイルも開けることができます。(ここが今回のキモ。)

このTuxGuitarがベースとドラムだけ弾いてくれれば、ギターは自分の音なので失敗にあからさまにわかるし、合わせる楽しさもあるので弾いてても飽きないという自分にはベストな方法じゃないかと思っています。

TuxGuitarをダウンロード&インストールする

TuxGuitarのダウンロードページで、ダウンロードします。

Windowsバージョンは4つありますが、一番上のをダウンロードしておけばいいと思います。僕のPCのOSはWindows7(64bit)ですが、問題なく動きました。

ダウンロードしたらインストールします。ダウンロードしたファイルを実行して、「次へ」「次へ」とクリックしていけば問題なくインストールできます。

TuxGuitarをダウンロード

タブ譜ファイルを用意する

TuxGuitarにベースとドラムだけ弾いてもらうにはその曲のタブ譜ファイルが必要なのですが、それをわざわざ自分で入力していき作成するのはとても苦労します。

なので、タブ譜ファイルのダウンロードサイトでダウンロードして、それを使わせてもらいます。

海外にはタブ譜の投稿サイトがたくさんあり、全世界の人たちがタブ譜を作っています。テキストで書かれたタブ譜以外にもGuitar Pro用のタブ譜ファイルも投稿することができます。

そのようなサイトには、たいていの洋楽のタブ譜ならだいたいあるみたいです。邦楽はなかったりするのですが、アーティストによってはあったりもします。

僕がダウンロードに使ったサイトは「911tabs」というサイトです。

「911tabs」はタブ譜サイトのまとめサイトです。このサイトで検索すればだいたいのタブ譜投稿サイトをまとめて検索できます。

では僕の好きな「Hi-STANDARD」を検索してみます。

911tabsで検索

検索するとアーティストとして「Hi-STANDARD」が出てくるので、クリックします。

911tabsでアーティスト選択

そうすると、タブ譜のある曲がずらっと出てきますが、注目すべきところは「G.PRO」という列です。

911tabsではGuitarPro用のタブ譜がある

ここに数字が入っているとは、Guitar Pro用のタブ譜ファイルがある、ということで、つまりは「TuxGuitarで使えるタブ譜ファイルがある」ということです。

例えば、「G.PRO」列の数字の入っている「Fighting Fist Angry Soul」の「2」をクリックしてみます。(ほんとは「Fighting Fists Angry Soul」って曲だけどね。)

911tabsでG.PROのタブ譜を選択

そうすると、「Fighting Fist Angry Soul」のGuitar Pro用のタブ譜ファイルのあるサイトのページが2つ表示されました。片方をクリックします。

911tabsで曲を選択

すると、「911tabs」サイトの中で、「ultimateGuitar.com」というタブ譜投稿サイトが表示されました。「911tabs」はこんな感じで、他のタブ譜投稿サイトを表示します。「ultimateGuitar.com」も有名なタブ譜投稿サイトなので、ここだけで検索してもいいんですけどね。

911tabsの下にultimateguitar

このページの下のほうに行くと、タブ譜をダウンロードするリンクがあるので、クリックしてダウンロードします。

911tabsでタブ譜をダウンロード

TuxGuitarでタブ譜を開いてベースとドラムだけ演奏してもらう

TuxGuitarを起動させます。

TuxGuitarでタブ譜を開く

「開く」ボタンをクリックして、先ほどダウンロードしたファイルを開きます。

すると楽譜が出てきます。下の段にトラックが複数あるのがわかります。このタブ譜ファイルはボーカルとギター3つ、ベース、ドラムの合計6トラックで構成されていることがわかります。

TuxGuitarでトラックを確認

このまま再生をクリックすれば、6トラックすべての演奏が始まります。だけど僕がやりたいのは、「ベースとドラムだけ演奏してもらうこと」。なので、真ん中あたりにある「ミキサ」ボタンをクリックします。

すると、ミキサ画面が出てきます。上の方のプルダウンリストの使い方はよくわからないけど、6トラックのボリュームがいじれますので、ベースとドラム以外のトラックをミュートにします。このタブ譜なら左4つです。

TuxGuitarでトラックごとに音量を決める

これで「再生」ボタンをクリックすれば、見事にベースとドラムだけ演奏してくれます。あとは僕が楽しんでギターを弾くだけです。

TuxGuitarで再生

まとめ

「911tabs」で検索したところ、「Hi-STANDARD」のGuitarPro用タブ譜ファイルは15曲程度ありましたが、「Ken Yokoyama」は0曲でした。

自分でベースとドラム打ち込むのもいいですが、めんどくさいので、誰か作ってくれないかな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

Tab譜作曲ソフト「TuxGuitar」はギターの練習にも使えるよ[無料]
この記事をお届けした
えむ氏のログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る