ぴよたそで学ぼう!日本一汚い方言「瀬戸弁」すやくる

瀬戸弁のすやくる

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

すやくる = 手抜きをする

もっと上手くできるものを、手を抜いたり、雑に仕上げてしまうの意味。仕事や作業に使うことが多い。
せともの(陶器)で素焼き(=釉(うわぐすり)をかける本焼きの前にその準備として釉をかけずに焼くいたもの)という言葉が語源で、「完成していない状態=雑な手を抜いたもの」から由来するらしい。

おねむの時の「すやすや..」とはまったく関係ない。

すやくるの使い方

  • 「すやくっとったらかん!」
  • 仕事を手を抜いてやっていたら、いけませんよ。

  • 「また仕事すやくりやがって!!」
  • 毎度お仕事を適当に従事しませんこと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

ぴよたそで学ぼう!日本一汚い方言「瀬戸弁」すやくる
この記事をお届けした
えむ氏のログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る