R-1ぐらんぷり2015 ひとり芸No.1はじゅんいちダビッドソン!優勝おめでとう![感想]

R-1ぐらんぷり優勝者はじゅんいちダビッドソン

お笑いの賞レースは録画して見てます、えむ氏(@mlog_xyz)です。

さっき「R-1ぐらんぷり2015」を見終わりましたので感想を書いときます。

R-1ぐらんぷり2015

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Aブロック

Aブロックは、「ゆりやんレトリィバァ」、「あばれる君」「とにかく明るい安村」「COWCOW善し」。

「ゆりやんレトリィバァ」はアカデミー女優が英語喋りながら関西弁になるネタを披露。
ゆりやんレトリィバァをはじめて見たのは確かさんまのまんまだった。養成学校主席で卒業とか言うフレコミだったけどあんまり面白くなかった。山田花子はじめて見たときみたいな感じ。
今回のネタも発想は面白いのかもしれないけど、言っていることが聞き取りづらく笑いづらかった。

「あばれる君」は小学3年生が6年生に浣腸で立ち向かうネタを披露。
あばれる君は日10☆演芸パレードって番組ではじめて知って、ストーリー性があって面白いなって思ってた。鬼束ちひろの「月光」が流れる感じの切ないネタね。今回は今まで見たネタとは少し違ってて、そんなに切なくもなく盛り上がりもなかった。フィナルステージに行ってほしかったけど無理っぽいと思った。

「とにかく明るい安村」は裸に見える瞬間のネタを披露。
このネタもさんまのまんまで見た。面白いけど、このネタしか見たことないから他のも見たいなと思った。ファイナルステージに行ってほしかった。

「COWCOW善し」はテトリスでテトリスっぽくないものが落ちてくるネタを披露。
フリップは使わないもののいつもの感じだった。ちょっと新鮮味はあったけど、盛り上がりも跳ねる感じもなかった。

Bブロック

Bブロックは「厚切りジェイソン」、「エハラマサヒロ」、「アジアン馬場園」、「マツモトクラブ」。

「厚切りジェイソン」は漢字のネタを披露。
どこかでこのネタを一度だけ見た。最初見た時は跳ねるほど面白かったけど、今回はそんなに笑えなかった、二回目だったからかな。これ以外のネタも見てみたかったけど、ファイナルステージは無理っぽいと思った。

「エハラマサヒロ」は北斗晶のモノマネからその他いろんあモノマネのネタを披露。
エハラマサヒロは2010年R-1が神がかったいたと思っている。この時はあべこうじも相当面白くて優勝を逃したけど、他の年なら優勝してたと思えるネタだった。
だから今回も期待してたけど、最近押してる北斗晶ネタで、別に悪くないけどめっちゃ盛り上がる感じではなかった。

「アジアン馬場園」はレジのバイトのネタを披露。
小さな笑いしかなかった。僕はあんまりおもしろいとは思わなかった。

「マツモトクラブ」は弾き語りを見に来た人のネタ。
初めてこの人を見たけど、面白かった。シチュエーションも発想もよかった。このネタが今回のネタの中で一番会場が盛り上がったネタだと思う。確かにハーモニカ引き出したとこは笑った。
弾き語る方じゃなくて、弾き語りを見に来た人のネタって発想がもう面白い。ファイナルステージは確実だと思った。

Cブロック

Cブロックは「NON STYLE 石田」、「やまもとまさみ」、「じゅんいちダビッドソン」、「ヒューマン中村」。

「NON STYLE 石田」はライザップみたいなビフォアアフターのフリップネタを披露。
NON STLYEの漫才のほうが面白い。

「やまもとまさみ」は催眠術でティラノサウルスにされた先生のネタ。
去年とおんなじ感じのネタだったけど跳ねなかった。

「じゅんいちダビッドソン」は本田圭佑のショートコントのネタ。
構成がめちゃくちゃな感じしてついていけない感じもあったけど、それが本田圭佑の味なのかなと思えるネタで、ひとつひとつのネタは面白かった。あまり笑えないネタに説明で笑いを取る感じがよかった。

「ヒューマン中村」は恋人たちの五七五とそれを妬む五七五のフリップネタ。
毎年見てるけど、一辺倒なフリップネタは優勝しづらいかなと思う。盛り上がりとかないから。

ファイナルステージ

ファイナルステージは「ゆりやんレトリィバァ」、「マツモトクラブ」、「じゅんいちダビッドソン」。

「ゆりやんレトリィバァ」は女スパイでのアメリカドラマ?あるあるみたいなネタを披露。
僕が洋画とか海外ドラマとか見ないからかもしれないけど、全然面白くなかったけど、そういうの好きな人には面白かったのかな。
英語を押してくるけど帰国子女かなんかなのかな。

「マツモトクラブ」はお祈りして神様が出てくるのネタを披露。
前のネタもそうだけど、頭の中で喋る言葉が出てくるネタが得意なのかな。よくありがちなシチュエーションをもうひとつ膨らまして面白いネタだったけど、前のネタには届かなかった。このあとのじゅんいちダビッドソンがいまいちだったら優勝してたかもしれない。

「じゅんいちダビッドソン」はスーパーの店員の本田圭佑のコントを披露。
これは面白かった。本田圭佑が言うようなことをスーパーにかけててよく出来たネタだと思った。
去年の「無回転なぞかけ」くらいしか見たことないけど、普通のコントもできるんだ、ていうか本田圭佑でやる漫談よりもコントのほうが面白いと思った。

まとめ

あくまでも個人的感想なのであしからず。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

R-1ぐらんぷり2015 ひとり芸No.1はじゅんいちダビッドソン!優勝おめでとう![感想]
この記事をお届けした
えむ氏のログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る