ncさん、パニック障害のアンケートに答えてくれてありがとう!

過去のアンケート回答まとめ
パニック障害のアンケート回答者をまとめています!回答してくれた方、ありがとうございます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ncさん(女性)

パニック障害になったのはいつごろ?暦は何年?原因は?

現在32歳です。
14歳の時に授業中初めての発作が出ました。
クリニックにいくという選択肢は当時無く(親があまり取り合ってくれず)、毎日毎日耐える、耐える。
高校へ入り更に悪化。もう一度母親に打ち明け、初めてクリニックへ。パニック障害の診断がおりて、ホッとしたのを覚えてます。
しかしながら服薬も効果がなく、退学。
その後、ワイパックスを服用しながら社会人に。仕事をしながら大学も卒業。

現在は、結婚をし病気の寛解に向けて減薬生活中。仕事は退職。
ワイパックスの離脱症状と向き合う日々です。

どんな症状がどんなときにでる?

昔は授業中や試験、会議や講習会がNGでしたけど、抗不安薬を常用するようになってからは、よく寝てしまってました(笑)

今は減薬に入った関係で神経が過敏になっているためか、
電車などの乗り物、外食、歯医者など超王道なものが怖くなり生活に支障アリです。

パニック障害になってから今まで何してた?

16歳から32歳までは西洋薬での薬物療法のみで、ずーっとごまかしごまかし仕事してきました。
薬なかったら仕事出来てなかったんじゃないかな。
人生初の海外出張の時は、飛行機も乗らざるを得なくて乗れましたしね(笑)
だから、安定剤の依存性を恨むこともありますけど感謝もしてます。

治すために何した?

最近やっとこやり始めた数々です。↓
認知行動療法、漢方、整体、食事内容の見直し、糖質制限、軽い運動(って言っても、運動嫌いなので散歩やらサイクリングです〜)。

治すためには何をすればいい?

自分の考え方が全ての不安や身体症状を起こさせてる根源なんですよね。
だから、そこを修正することがとても大事なんだと思います。って言っても、難しくてなかなか上手くいかないんですけどね〜。

あとは体の緊張をほぐすのも大事だなと最近思います。
歪みをとったり。首や肩のコリをとったり。

治すためにはどんな考え方が必要?

怖いと思う気持ちが怖くさせてるってことを理解する、ですかね。
あとは、不安になる自分を肯定して、溢れ出てくる感情を垂れ流しておく。
その練習で変われるんじゃないかなと思います。
負けず嫌いな人とか、天邪鬼なひとにおすすめなのは逆説的思考です。

発作が出そうな時、「もっと苦しくなれ〜!気が狂ってしまえ〜〜!ぎゃ〜〜」とか言って自分を煽るとアホらしくなって落ち着きますよ(笑)

今でも治ってない理由は?

薬物療法に頼りすぎたってことじゃないかな。
抗不安薬は「形式上」頓服なんですけど、医師からの指示は常用でした。もっと早くに切り上げていれば!と思いますけど仕方ないです。今は、薬を減らして行く上で、いつ治るんだろうという焦りがまた不安を呼んでますね。

ちなみにどんな性格?パニック障害と性格って関係あると思う?

完璧主義、人によく思われたい、我慢強い。ですかねえ。

人によく思われたいから、完璧な理想の自分を演じ、少々の無理も我慢し…の無限ループが今の病気を呼んだ気がしてます。

パニック障害を患っている人にメッセージ

まず、ほーんと、辛いですよね。

これさえなければ、出来たこと沢山あったのにと思う方も多いのではないでしょうか。
わたしもその1人です。普通のことや楽しいことを諦めたり、スルーしてきました。

色んな療法がありますから、どれがマッチするかはわかりません。色々と模索する中で答えが出てくると思います。

ただ、この病気を克服して行くうえでの必要な考え方って共通してあると思います。
それは「自分の不安を受け入れて、向きあう」ということです。
安易ではないので、だからなかなかさ上手くいかないのですが、
でも、最終的にはこれに尽きるんじゃないかなと思います。

アンケートを読んで

ncさん、アンケートに答えてくれてありがとうございます。

「自分の考え方が全ての不安や身体症状を起こさせてる根源」とか「怖いと思う気持ちが怖くさせてる」とか「不安になる自分を肯定して、溢れ出てくる感情を垂れ流す」とかどれも大事なことですね。でも不安でパニックになるとそれどころじゃなくなっちゃうのが今の僕です(笑)

「自分の不安を受け入れて、向きあう」、これもいい言葉。不安を恐れてすぐ対処しようと回避行動を行っている自分に言い聞かせないといけない言葉です。

最近ちょっとの不安でアタフタしてしまう僕の身に沁みるアンケートでした。ありがとうございました。

まとめ

アンケート回答者を引き続き募集してます。

アンケートの形をとらなくても、寄稿でもOKです。

このブログでよければ、吐き出したいことや伝えたいことを発信できますよ。何かあれば気軽にメールでもOKです。メアドはmlog.xyz@gmail.comです。

☆★アンケートはこちらから★☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けした
えむ氏のログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る