仕事ができる幸せ

前回の日記から2週間ほど経って、その間に頓服のソラナックスを3回ほど飲みました。

ゴールデンウィークを過ぎてから体調が悪くなることがたまにあって、どうしてだろうと改めて考えてみると、最初はGW明けで生活のリズムが狂ったからとも思いましたが、それ以外にも、仕事に慣れたせいもあって仕事をがむしゃらにやっているからかなと思いました。

仕事をはじめたころはすごいスローペースで、慎重に、なんなら「午前中は『全然仕事が進んでないじゃん』ってくらいスローに仕事をしよう」と思っていたくらいで、それが体調を保つにはよかったのかもしれません。

今では自分の体調も考えず、どんどんどんどん仕事を進めていました。ちょっと調子にのっていました。PCでキーボード操作をしながら画面を見つめて書類を作成していくのですが、そこにはゆったりとした呼吸とリラックスした精神状態はありませんでした。

要するに調子こいてたわけで、それに気付いて昨日はとてもゆったりと仕事をしました。おとといにひどく体調が悪くなって、昨日もその影響があるかと心配していましたが、仕事はじめの1時間くらいで頭痛と不安が消えて、無事仕事ができました。それと同時に、何の不安もなく、何の不調もなく仕事ができることがどれほど幸せなことかということを改めて感じました。仕事ができるってやっぱ幸せなことだな、来週からもペースを上げすぎずゆったりと仕事をしよう。

それから、前回の日記の頓服の話でいろいろとコメントを頂き、頓服についていろいろ考えつつも、また頓服を飲む機会があったので、いろんなことを考えながら飲みました。

taka850さんやまおさんのの言うように頓服をそれほど重いものと考えず、気軽?に「ちょっとやばいかなー」と思うくらいで早めに飲んでみました。3回ほど飲んだのですが、結果はよくわかりません。taka850さんの言うように頓服なんて飲んでも駄目な場合もあるし、逆に安心感からよくなることもあります。結局頓服が効いて体調がよくなったのかどうかもわかりません。でもそれでいいのだと思います。頓服なんて所詮頓服で、頓服に一喜一憂していること自体考えすぎだし、頓服なんてそれくらいの扱いでいいんだ、と最近思えるようになりました。だからこれからは頓服を飲む機会が多くなるかもしれないけど、だからと言ってそれが悪いことではないし、悪いほうへ考えないようにします。

まぁ考え方がすぐに変わるわけではないけど、徐々にでもこういう考え方で前向きに頓服を付き合っていこうと思います。コメントを書き込んでくださったtaka850さん、まおさん、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けした
えむ氏のログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る