久々の風景

先週はとてもいいことがありました。なんと久しぶりに電車に乗りました。

近頃なかなか行動療法みたいなことができなくて、自分にストレスをかけるような事もなかなかなくて、それでちょっと電車に乗ってやろうと密かに考えていました。今の状態なら大丈夫だろうと。と言っても友達と一緒にということですけど。

それでちょうどメガネがほしくてセールみたいなハガキが着たので名古屋の栄まで電車で一緒に行ってくれないかと友達に頼みました。いつも僕は車で栄に(もちろん友達と)行くので、友達は驚いてましたねー、電車で行っちゃうわけねみたいな感じで。

そもそも栄に行くとき僕んちから電車で30分強、車だと一時間くらいかかるので、電車のほうがいいだろと思われがちですが、僕はなぜか車のほうが安心できるので車で行ってました。なぜ車が安心かと今になって考えてみるなら、

・車にはいざという時の安心・備えグッズが置いてある。
・引き返したいと思った瞬間引き返せるけど電車は止まっちゃくれない。
・車の中で横になってもいいが、駅のホームのベンチでは横になるのには抵抗がある。
・とにかく自分の車のなかなら何をしても何が起きてもOKだが、公共の場では人目が気になる。

こんなところでしょうか。ほんの些細な違いなのかもしれないけど、こういうことでがあるために電車を嫌っていました。でもパニック発作もほとんど起きない今の状況ではよっぽどのことがない限り「いざ」という時はやってこないことをやっと自分で自信をもって思えるようになって、やっと電車乗ってみようという気になったのです。

それで電車に乗ったんです。電車に乗る前はちょっと緊張していました。でも昔みたいな「え?俺ほんとうに電車乗るの!?大丈夫なの?あ、電車着ちゃったー乗るしかないのか…えーい、乗っちゃえ!やばいな、何か苦しくなってきたな、降りたいな、降りようかな、あ!扉しまっちゃった!やばい、もっと苦しくなってきた、早く次の駅着け…!」みたいなことはありませんでした。

久しぶりの電車は人もあまり乗っていなかったこともあってとても乗り心地のよいものでした。友達と話していたらあっというまに栄に付きました。今まで車であんなに時間かけてたのに、電車ってこんなに早かったのかと思いました。5年ぶりくらい栄の地下街を歩いて昔のことを思いだしました、5年前くらいはいつものようにこの辺を歩いてたなーと。

まぁこれで一応僕も一歩進んだんじゃないでしょうか。ブログの掲示板なんか見ても、みんな頑張っているなー、それなのに俺は全然頑張ってないなーと思っていました。それでもこうやってほんのちょっと前に進んで、これを機にもっと成長していきたいと思います。まずは就職です。来週に面接があるんですよね。新しい環境に飛び込むのは勇気がいるけど、それは誰だって同じこと、みんなも頑張っているんだから僕も前に進む努力をしなきゃいかんなと思う今日この頃です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けした
えむ氏のログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る