「WordPress 5.2はPHP バージョン5.6.20以上が必要なため、更新できません。」だって。PHPの更新をしてみよう!

どうも久しぶりです。えむ氏(@mlog_xyz)です。

ずっとブログから離れていました。離れて何してかというと、ギター弾いてただけです。

TMGEを弾くのが楽しくなっちゃって。スコアもほとんど買いました。

さてさて、 久しぶりにブログの管理画面にログインしたら、ダッシュボードに「WordPress 5.2 が利用可能です ! 今すぐ更新してください。」と「PHPの更新が必要です」 と 表示されていました。

WordPress 5.2 が利用可能です ! 今すぐ更新してください。」と「PHPの更新が必要です

とりあえずWordpressを更新しようと、「今すぐ更新してください。」をクリックしたら、「WordPress 5.2 は PHP バージョン5.6.20以上が必要なため、更新できません。現在の PHP バージョンは5.3.29です。」とのこと。

WordPress 5.2 は PHP バージョン5.6.20以上が必要なため、更新できません。

どうやらPHPの更新が必須のようです。今までWordpressの更新は表示されれば行ってきましたが、PHPの更新と言われたのは初めての気がします。

ダッシュボードの「PHPの更新」欄から「PHPの更新についてさらに詳しく」をクリックすると PHP バージョンの更新ページに。

Update PHP | WordPress.org

そこには、PHPの重要さと利点と「PHP をバージョンアップする前に」の項目が。そもそもPHPって何だろうな。まあ別にいいか。

このページを見る限り、PHPを更新する前にやっておいたほうが良いことがあるらしいです。それがこれ。

・サイトのバックアップを作成する。
・WordPress 本体、テーマ、プラグインをアップデートする。
・PHP の互換性をチェックする。
・PHP 互換性の問題を修正する。

その後にPHPを更新するらしいです。今までバックアップとか取っていないので、この機に取っておきましょう。

スポンサーリンク

WordPressのバックアップ

まずWordpressのバックアップから。

説明文にある リンクから 「無料のバックアッププラグイン」を探します。

一番最初に出てくる「UpdraftPlus WordPress Backup Plugin」。バックアップのプラグインはたくさんあるけど、どうやらこれが一番良さそうなプラグインです。復元も簡単にできるみたいです。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin PHPバージョンの更新

「 UpdraftPlus WordPress Backup Plugin」をインストールして有効化して、「今すぐバックアップ」をクリック!

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin 今すぐバックアップ

詳細の設定画面が出てくるので、、そのまま「今すぐバックアップ」をクリック!

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin バックアップ 詳細設定

1、2分でバックアップできました。どこにバックアップされたのかはよくわからない。まあいいや。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin バックアップ 途中
UpdraftPlus WordPress Backup Plugin バックアップは成功し完了しました。

WordPress 本体、テーマ、プラグインをアップデート

次にWordPress 本体、テーマ、プラグインをアップデート。

WordPressの本体は、PHPのアップロード以後しかできないので、更新できるすべてのプラグインをアップロードしました。テーマもとりあえずアップデートしました。

PHP の互換性をチェック

次はPHP の互換性をチェック。 これが大事そう。

説明文内にあった「 PHP Compatibility Checker プラグイン」をインストールします。

PHP Compatibility Checker

このプラグインを使えば、「このプラグインは、このPHPのバージョン でもOK!」とかわかるみたいです。

PHPのバージョンを5.6にして、スキャンをしてみました。

 PHP Compatibility Checker PHP5.6 チェック

すると、すべて互換性あり。ということで、最後の「PHP 互換性の問題を修正する」は該当項目なし。

 PHP Compatibility Checker 互換性あり

PHPの更新

僕はロリポップ!のレンタルサーバーを使っていますので、ロリポップにログインします。

ここでも「WordPress5.2のご利用に伴うPHPバージョン変更の注意点」について書かれていました。

ロリポップにログイン。WordPress5.2のご利用に伴うPHPバージョン変更の注意点

サーバーの管理・設定>PHP設定から、PHPのバージョンを変えられるみたいです。

ロリポップ サーバーの管理・設定>PHP設定

ここでふと思いつきました。

特に何も考えもなしに、PHPのバージョンを5.6にしようと思っていましたが、よく考えたらPHPのバージョンは上げられるだけ上げといたほうが今後のためになるなと。

ロリポップPHP設定を確認すると、PHPのバージョンは7.1まで上げられるみたい。

ということで、もう一度「PHP Compatibility Checker プラグイン」を使ってバージョン7.1でも問題ないか確認。

そしたら今度は「RSS Importer( RSS インポートツール )」というプラグインがエラーに。

PHP Compatibility Checker エラー 警告

そんなプラグイン使ってたかな?と思って調べたけど、よくわからない。最初からあったプラグインか友達のサイトを作ったときテストでインストールしたものか。自分のサイトではたぶん使ってない。

「RSS Importer( RSS インポートツール )」 を停止させて、削除。これでPHP7.1にできる。使ってないプラグインは停止して削除したほうがいいね。

PHPのバージョンを7.1に変更

ロリポップのPHP設定で恐る恐る7.1にアップロード。ブログがぶっ壊れたらどうしようと思ったけど、10分くらいして更新したら無事にブログが動いてた。やったー!!

晴れてWordpressを5.2に更新。これも特に問題なし。

投稿画面もだいぶ変わってた。

Wordpress5.04投稿画面

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました