WordPressのプロフィール画像をGravatarで変えてみた

ココナラで似顔絵を500円→無料で描いてもらったら、自慢したいくらい上手な似顔絵GETできたという記事も書いたけど、かっこいい似顔絵を描いてもらって、そうしたらこの辺も気になり始めました。

WordPressのミステリーマン
WordPressのプロフィール

この人型の誰でもないプロフィール画像。これミステリーマンというらしくて、ブログにコメントをしたり、フォーラムに投稿したりすると出てくる画像。これが気になる。せっかくだからかっこいい似顔絵に変えたい。

ということで、似顔絵の画像を設定してみることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

GravatarでWordPressのプロフィール画像を変える

WordPressの設定画面とか見てもどこでプロフィール画像を変えるか全然わからない。

調べてみると、Gravatarとサイトでアバター設定するとWordPressのプロフィールが変わるみたいです。

Gravatar - グローバルに認識されるアバター (Globally Recognized Avatars)Gravatar – グローバルに認識されるアバター (Globally Recognized Avatars)

WordPressではよくGravatar(グラバター)が使われているみたいです。グラバターってワンピースのクラバウターマン思い出しちゃうよね。
ワンピースのクラバウターマン

Gravatarの設定の仕方

まずはサイトを開いて「Gravatarを作成」ボタンをクリック。
Gravatarを作成
メールアドレスとユーザーネームとパスワードを入力して仮登録。
ここで大事なのが、メールアドレスをWordPressの自分のプロフィールにあるメールアドレスと同じものを使うこと。
設定画面の一般設定のメアドではなく、ユーザーの自分のプロフィールのメアドね。このメアドで誰かを認識してアバターを表示するかららしい。

登録すると、そのメアドに最終認証のメールが届くので、それをクリックすれば本登録完了。

またサインインして、左上のとこらから、画像追加をクリック。
gravatarで画像追加
画像の取得方法が3つ出てくるので好きな方法で画像をアップしましょう。
Gravatarでの画像取得方法
僕はWordPressのメディアライブラリから画像のURLをコピペ。
Gravatarで画像をURLでアップ
次へをクリックすると、画像の切り取り画面になるので、ちょうど良い感じで画像を切り取ります。
Gravatarで画像の切り取り
切り抜いて完成をクリックすると、レーティングを選ぶ画面になります。
Gravatarでレーティング選択
レーティングって何ぞや?と思ったけど、WordPressのディスカッション設定画面には「評価による制限」として、

G — あらゆる人に適切
PG — 不快感を与える恐れ — 13歳以上の人向き
R — 18歳以上の成人向き
X — 最高レベルの制限

と書かれており、「G」が選択されていますので、Gでいいんじゃないか。

ここまで来たらGravatarでの設定は終了。次にWordPressの設定画面で設定→ディスカッションからデフォルトのアバターをミスタリマーンからGravatarロゴに変えます。
gravatar011

これで数分までば…
Gravatarで似顔絵設定完了

設定完了ーー!

まとめ

これでミステリーマンから似顔絵に変えることができました。Gravatarで登録するだけで簡単にできますので、設定してないかたはぜひやってみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

WordPressのプロフィール画像をGravatarで変えてみた
この記事をお届けした
えむ氏のログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る