[漫画]「べしゃり暮らし」の名言をまとめてみた[森田まさのり]

べしゃり暮らし 上妻圭右

みなさんは「べしゃり暮らし」って漫画知ってますか?

「べしゃり暮らし」とは「ろくでなしBLUES 」や「ROOKIES」の作者である森田まさのり氏の書いた「学園の爆笑王がお笑い芸人を目指す」漫画です。涙あり、もちろん笑いあり、不慮の事故死あり、放火未遂あり、記憶喪失ありの面白漫画です。もう完結してます。単行本19巻で。「べしゃり暮らし」は漫画のタイトルでもあり、主人公・上妻圭右と辻本潤のコンビ名でもあります。

この漫画が僕はとても好きで、僕の漫画史に残る漫画と言っても過言ではないくらいの、好きな漫画3つ挙げろって言われたらいれちゃうくらいの、皆さんにもおすすめしたい漫画です。

この漫画のテーマがお笑いってこと(ギャグ漫画ではない)で、笑いの空気感を表現するのがとても難しいとは思うけど、それをやってのけている森田まさのり氏はすごいなと思います。森田まさのり氏は研究のため、NSC(お笑い養成所)に入学したらしいし。

面白さは読めばすぐわかるから、ここでは「べしゃり暮らし」に出てきた名言をまとめます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

何なんやろな コンビって…

まずは、単行本7巻から、コンビとして一皮剥けてここからお笑いの頂点に駆け上がろうとした矢先に相方の藤川に先立たれてしまったデジタルきんぎょ・金本が、上妻に言った名言がこちら。

相方て何なんやろうって考えたけど…やっぱりわかれへん
ようわかれへんけど…..あいつが死んだ今頃になって
やっとホンマのコンビになれた気がするわ

芸人は…舞台に立ったら芸人なんやない….
そっからだんだん芸人になっていくんや….
コンビもそうや 色んな事乗り越えて じっくり時間をかけて
ちょっとずつ ちょっとずつ相方になっていくんよろな きっと

この漫画では家族でもない、友達でもない、恋人でもない、得体の知れない「コンビ」という関係性を、主人公たちが考え苦悩する漫画でもあります。そんな「コンビ」を一番ノリに乗った状態で死に別れてしまった金本。あー悲しい。

「死んだらええねん」がほんとになってしまった。

べしゃり暮らし デジタルきんぎょ

死ぬほど努力したやつ

続いては、単行本8巻から。どんなに努力しても売れなかった芸人をたくさん見てきた主人公の父・上妻潔が、芸人になりたいと思いながらも実家の蕎麦屋を誇りに思って芸人になりたい夢を父に打ち明けられない主人公・上妻圭右のことを思って言った名言がこちら。

何で売れねーんだと嘆いていいのは死ぬほど努力した奴だけだ
全てを芸に捧げてきた奴だけだ
何が店の誇りだ へっ 立派に聞こえらぁ
何も努力しねーうちからテキトーな逃げ道作ってる奴が
芸人なんかになれるわけねー!

芸人で大成することの難しさをよく知っている父ならではの言葉ですね。

文句を言っても良いのは、ちゃんとやることやってる人だって僕には聞こえます。ちゃんとやってもいないのに文句ばっか言いがちですよね。中途半端はダメですね。この言葉、ちゃっとんと圭右の心にも響いています↓

べしゃり暮らし 名言 上妻

もし才能が売ってたら

続いては、単行本14巻から。焦りと恐怖、自信の無さから虚勢を張っていたるのあーる・梵健太が、その虚勢を見透かされた時に言った名言。

もし才能が売ってたら………借金してでも買いたい………

こんな発想、自分の中にはなかったから、これ見た時衝撃的でした。でもお笑い芸人はみんな思っているかもなー。笑いのためならどんなことでも出来る奴らばっかだし、ホント芸人さん尊敬します。

べしゃり暮らし るのわーる 梵 名言

笑うから楽しい

続いては、単行本17巻から。引きこもりをしていた中西富美男が稲尾潤三に弟子入りをお願いするシーンでの名言。

おもろいから! おもろいから笑うんちゃうんですよね!
笑うからこそおもろいんですよね! 人生楽しもうとする人が楽しめるんですよね!
あれは真理や思いました! 僕にはその幸せを迎えに行く前向きな姿勢がなかったんです!ずっと!
きっと潤三さんはどんなイヤな仕事も笑顔で楽しまはるんですよね!おもろいだけとちゃう!
きっと僕は潤三さんからそういう空気を感じたんです!そやから!
この人のそばにいたい!潤三さんのそばにいてもっと何かを感じて人生をやり直したい!

この漫画で中西富美男(辻本潤の父親)が出てきてから、感動の要素が強くなります。というのも、中西富美男の人生を考えると涙が出てきてもおかしくない。パニック障害を患っているとうまくいかなくて悔しいこともあるから、この人を見ているとその苦悩がわかるんですよね。

「面白いから笑うのではなく、笑うから楽しくなる」、この言葉はこの漫画のよく出てくる言葉で、漫画中では稲尾潤三から中西富美男へ、そして中西富雄から、妻・辻本ひとみに伝わり、息子・辻本潤にも伝わっていきます。

辻本ひとみも15巻でこう言っています。

笑たら自然と楽しくなってくんねん お母ちゃん働いている時いっつも笑顔やで
ええか 楽しいから笑うんちゃうねん どんな時でも笑顔が一番やで

べしゃり暮らし 辻本ひとみ
デジキン・藤川も息子の球児に6巻でこう言っています。

お父ちゃんらの尊敬してる人が昔言うてはったことがあんねん
おもしろいから…楽しいから笑うんやなく
笑うからおもしろいんや 笑うからこそ楽しいんや 言うてな

べしゃり暮らし デジキン藤川

稲尾潤三はそんなつもりで言ったわけではないけど、本当にこの言葉は中西富美男の言うとおり「真理」であって、いい言葉だと思います。師匠の言葉を信じ、いつでも師匠のことを考えていた中西富美男、すごい。

べしゃり暮らし 名言 中西富美男

本当の天才とは

続いても、単行本17巻。名言メーカー中西富美男。記憶を失った上妻に間近に控えたNMC準決勝に出場を促すシーンでの名言。

キミが天才と呼ばれるからにはそれだけの努力をしてきたのかも
努力できる才能持っている人こそがほんまの天才やから

自分が天才じゃないと気づいた時、それでも天才になれる希望が持てる言葉。

この言葉も最初は稲尾潤三が中西富美男に言った言葉なんだけど、師匠の言葉をちゃんと覚えているなんてさすが。それにしても、師匠のお世話もろくに出来ず、何をやらせてもできなかった中西富美男が最後は努力の天才になるなんて…。思い出すと泣けるなー。

べしゃり暮らし 稲尾潤三

笑ったもん勝ち

最後は、単行本18巻から。父が会社のお金を横領していたげんこつロデオ・岩隈将大が記憶喪失になってしまった上妻に言った名言がこちら。

不幸恨んでも何も おもんないぞ 上妻
前に進むには現実受け入れて そっからまた始めたったらええねん

ええか 人生笑ろたモン勝ちじゃ
無理矢理にでも笑ろて意味のある人生にしたったらええんじゃ
それができるのがお笑いや!
笑ろてる言うことは幸せ言う事やろがい 過去どんな事があったとしても その結果今幸せやと!

この名言は「面白いから笑うのではなく、笑うから楽しくなる」にも通じる名言です。僕もついつい自分の境遇に落ち込むこともありますが、現実を受け入れて、そこから始めるしかないんですね。

べしゃり暮らし げんこつロデオ 岩隈 名言

まとめ

いかがだったでしょうか?

この漫画は「笑い」が大きなテーマですが、「コンビ」の絆みたいなものもキモになっています。SHIZU-JUN、デジキン、べしゃり暮らし、ねずみ花火、るのあーる、キューブリック、げんこつロデオなどのコンビでコンビ間の絆が描かれていて、そこにも注目してみると面白いですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

[漫画]「べしゃり暮らし」の名言をまとめてみた[森田まさのり]
この記事をお届けした
えむ氏のログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る