[パニック障害]金メダルが取れる実力があっても、オリンピック会場に行けなければメダルは取れない

人から期待されること、それはとても嬉しいし、そう思ってくれることはとても感謝します。期待されるような人間になりたかったのも事実。

だけど、その期待にパニック障害が原因で応えることができないことほどつらい事はないです。パニック発作よりも辛いかも。

こんなことがこれまでの人生で何回もありました。その度に辛い思いというか、自分の不甲斐なさに悔しくなって、落ち込むんだけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

突出した能力より安定感

僕はよく仕事ができるとか、能力があると言われるけど、その力を発揮する場所にいけなければ、何の意味もないことだと思います。
いくら東大に受かる学力があっても、受験会場に行けなければ東大には受からないだろうし。

絶対に金メダルが取れる実力がある人がいても、その人が、「オリンピック会場に行けないかもしれない」とか言ったら、オリンピック委員会もそんな人選ばないよな。結局は、突出した能力よりも、普通のことが普通にできることのほうが大事なんだな。

仕事で考えても、とても仕事ができるけどよく休む人より、仕事はできないけど毎日ちゃんと来る人のほうが重宝されるというか、採用されるわな、普通。

掛け算と一緒で、どれだけ他の数値が良くても、一つ「0」があれば、結局は「0」なのかな。

落ち込んでもいられない

まぁ、それでも僕は生きていかなければならないし、僕が活躍できる場所を探し続けるしかないです。やれることを精一杯やるだけです。

ブログいじり

昨日からフォーラムを作って、以前運営していたサイトを地道にインポート、あとは以前のサイトから301リダイレクトしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けした
えむ氏のログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
トップへ戻る